歩く幽霊

脳がそろそろバカになってきたのでアウトプットして残したい

1/6~1/12 日記

1月6日(土)

  三連休の開始に期待に胸を膨らませながら起床。そのまま昼ごろまでごろごろ。ごろごろたのしい。

  朝食兼昼食を摂った(金曜の夜辺りから仮面ライダーオーズを見返していた。また,結城友奈は勇者である第二期最終回を視聴して永遠になった。)後,年末頃から気になってしょうがなかった髪を何とかするため散髪へ。行きつけの理容店の駐車場が混み合っていたため車でぐるぐるしてしまったがなんとか入店。いつもの推しのお姉さんが今日も切ってくれないかと思ったが残念ながら中肉中背のおじさんだった。萎え。

   また,結城友奈は勇者である第二期の最終話を記念してはなまるうどんを食べた。正直,丸亀のほうがおいしいと思う。

   その後は洗濯したり台所のお掃除をしたりオーズを観たりして過ごした。まったり。

 

1月7日(日)

   仮面ライダービルドに合わせて起床した後,午前中はごろごろして過ごした。

   午後,思い立って買い物がてら来週の出勤場所(日曜出勤でいつもとちがうところ)への道を確認した。迷うところはなかったので大丈夫だろう。

   そのあとは近所のマックスバリュで買い物をした。家族連れを見て寂しい気持ちになり茫洋とした目で店内を回っていたため不審者だと思われていただろう。

   夜はおたくたちと来期のアニメチェック会議をした。この会議にフルで出席したのはそういえば初めてだった。大学の頃はいろいろなしがらみがあったので。楽しい時間だった。こうやって馬鹿話をしているときが今は一番楽しい。結局4時近くまで起きていたので速攻就寝。

 

1月8日(月)

   祝日月曜という無敵の日。前日夜にオタクのYから勧められたので「中二病でも恋がしたい!- Take On Me」を鑑賞。永遠になった。鑑賞以来精神がずっとつらい。

   今日はこれでおしまい。ずっとおしまい。

 

1月9日(火)

  起床からつらかった。一日中つらい。仕事でひとつミスをやって非常に落ち込む。

  帰宅後,中二病でも恋がしたい!を観始めた。またつらくなった。美しい世界。

 

1月10日(水)

  つらさを少し緩和させた。仕事はそこそこ。

  帰宅後降り積もるタスクに心を殺された。泣きたい。友達と通話して少し元気が出た。躁状態になったとも言う。

 

1月11日(木)

   考えたくないことは置いて仕事をがんばった。えらい。

   毎日帰宅後に観る仮面ライダーオーズ中二病でも恋がしたい!だけが支え。1期の振り返りを完了し温かい気持ちになった。六花と勇太を観ているだけで幸せ。どうしてああなれなかったのか。

 

1月12日(金)

   待ちに待った金曜。仕事が思いの外忙しかったがなんとかなった。

   帰宅後この前買ったスマートウォッチの不具合の件で送ったメールの返信が届いていたが,こっちが答えてほしかったことに答えてもらってなかったりイライラ案件が重なったので酒を買ってきてがぶ飲みしてゲド戦記を観てゲラゲラ笑いながらごろ寝して起きたら1時半だった。反省。

 

   総じて気分の上がり下がりが激しい。仕事以外で体力を使いたくない。誰かと話がしたい。ごはんを一緒に食べたい。 

2018/1/1~1/5 日記

新年あけましておめでとうございます。

 

2018年1月1日(月)

 

  父のどんちゃん騒ぎで起床。祖母宅であると気づく。起床即福袋を回そうとしたらいつの間にかメンテに突入していてビビった。

  祖母・弟・父・僕(母は新聞配達のパートをしている母方祖母の手伝いで不在(という口実で父方祖母と過ごしたくないだけ))で大晦日の夕食の余りを食べる。祖母になるべく優しい言葉をかけるように努めた。祖父のときのような後悔はしたくないので。

  手伝いやら話やらしたのち,祖父の仏壇に手を合わせ,祖母宅を出発。もうしばらくは元気でいてほしい。その後,母方の祖母宅へ。母方祖母へおみやげの煎餅を渡したところ,「彼女はいるか?」とド直球で聞かれ狼狽して「…いません」と答えた。次はもっとウィットに富んだジョークなど言いたい。(言えない)

  母方祖母が温泉と料理を予約していてくれたので温泉へ。弟はなんか嫌がっていたが。わかるぞ,思春期。

  大学生活を経て温泉大好きマンになったので露天やジェットバスなど一通り楽しみ,タダ飯を食らう。その時も母方祖母から結婚の話をされ,また狼狽。「結婚する気がない」などとは言えず,苦笑いを垂れ流す。

  そして祖母を家に送り届け,また家族4人で帰宅。帰路でやっとFGOのメンテが終わったため福袋チャレンジ。新年一発目の運試しは諸葛孔明ことロード・エルメロイⅡ世 a.k.a. ウェイバー・ベルベットを引き当て,ゲーム的にもキャラクター的にも大勝利だった。その後30連ほど回したがいずれも爆死。まあこんなもんかといったところ。

  M市に戻ったあと,久しぶりに家族4人で夕飯を食べる。(30日は僕だけ友人と飲んでいたため。)のんびりくつろげたと思う。日本酒を飲みぐっすり眠った。

 

1月2日(火)

  起床即メンテ侘び石で10連回したところ葛飾北斎を見事引き当てた。イラストを書いている人がポッピンQサモンナイトシリーズでおなじみの方で前から好きだったので嬉しい。

  家族で初詣に行った。カップルの数がとんでもなくて少しイラッとしたが,心は穏やかなのでイライラなんかしていない。していない。

  おみくじは小吉。その上結構嫌なことが書いてあって悲しい気分になった。あと1000円課金して交通安全のお守りも買った。バイトの巫女さんを見て心を少しばかり癒し(余り見すぎると過去の記憶から胃液が逆流する),帰宅。家族で過ごす休日もたまには悪くないなーと思える1日だった。

  あと弟が晩飯のときに,父がまた転勤することを聞かされてつらそうにしていた。僕には何もしてやれない。彼が自分で将来の環境を掴み取るしかない。僕はといえば帰省?のときの距離が若干短くなるだけで特に嫌なことも嬉しいこともないのだが。

 

1月3日(水)

  朝早くバスに乗り,家路につく。バスが混んでいるのではないかと危惧したがそうでもなかった。大抵の人はわざわざ3日にUターンしないのだろう。

  バス内で「乃木若葉は勇者である。」下巻を読了。(上巻は行きのバス内で読破していた。)儚く,残酷ながらも美しく,そして気高き誓いの物語。千景,お前がいたことを俺は絶対に忘れない。

  帰宅後,車の雪下ろしやらクリーニングに出していたスーツの受取などを済ませたが,疲労とだるさと孤独感に襲われ立てなくなった。だるかったので夕飯はモスバーガー。買ってきたFGOマテリアルⅣとロード・エルメロイⅡ世の事件簿最新刊を読む気も起きず。かわりにテレビで放送された「君の名は。」を観た。わりとオタクが喜ぶ描写や場面が多かったが,これが一般受けするというのはなかなかおもしろいと思った。設定などは面白いがそこまで類を見ないものではないと感じた。公開時に観ていたら完全にトラウマになっていたので無理して観なくてよかったと思う。

 

1月4日(木)

  久しぶりにエガオノキミヘで起床。仕事始め。少し支度に時間がかかったが出勤。

  年頭の挨拶で集められたが,その際中に同じ課のわりと職位が上の人がいきなり唸り声を上げたりしていて場が凍りついた。(病気らしい。)

  久しぶりの仕事はあまりはかどらなかった。なんとか終わらせ退勤。虚無に飲まれ,帰宅後も大してなにもせず就寝。

 

1月5日(金)

  エガオノキミヘで起床。翌日から三連休だったのでがんばった。

  帰宅後,ついに覚悟を決めComplete selection のオーズドライバーを予約。その記念にオーズを1話から観返すことにした。その後は酒を飲んでガハハと笑いながらオーズを鑑賞する大変有意義な金曜の夜だった。友だちがいなくても。

  

劇場版 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL 感想(ネタバレあり)

『手が届くのに手を伸ばさなかったら,死ぬほど後悔する。

   それが嫌だから手を伸ばすんだ。』

 

 

12月29日,7年来の親友2人とともに,約束の地へ赴いた。

 

   恥ずかしながら,MOVIE大戦から平成ジェネレーションズへ表題が変わってからは一度もコラボ系の劇場版を観たことがなかった。そのためあまり内容には期待しておらず,今回観ることになったのも友人と観に行くという理由があったというのが大きかった。しかし,その低い期待は良い意味で大きく裏切られた。

 

   話の流れは,やはり歴代のMOVIE大戦等に近い。現ライダーと前ライダーが主軸となり,強大な悪に立ち向かっていく。本作において,それはビルドとエグゼイドであった。

 

  序盤,仮面ライダーになりたての万丈(某漫画の影響でバンジョイと呼んでしまう)は,戦兔から「なぜ仮面ライダーとして戦うのか」という問いを投げかけられ,悩む。おそらくこの,「仮面ライダーたちはなぜ命を賭して無辜の人々のために戦うのか」という問いが本作のメインテーマなのだと思う。万丈はその答えを戦兔や永夢,歴代の仮面ライダーに求めていく。

  物語が進み,万丈は装置「エニグマ」のせいでエグゼイドの世界へと飛ばされ,そこで永夢と出会う。万丈は,永夢のもつ患者を絶対に救おうとする強い意思の中に戦兔と同じ正義を見る。対して永夢の片割れであるパラドもまた世界を移動し,ビルドの世界で戦兔と出会う。パラドもまた,戦兔の中に永夢と同じ正義を見る。それぞれのメインライダーの相棒とも呼べる存在が相手のパートナーに出会い,精神的成長をしていく構図がとても巧いと感じた。(万丈と同じくパラドも仮面ライダーとしての正義が芽生えたばかりの言わば”新人ライダー”であると言える。)スワッピングラブとか言ってはいけない

  そして物語中盤,本作の裏主人公とも言える,火野映司=仮面ライダーオーズが現れる。MOVIE大戦MEGAMAX以降,映画等でほとんど補完されることがなかったため詳細は不明だが,おそらくこの映司はMOVIE大戦MEGAMAXでの戦いのあと財団Xを追って世界を放浪していたのだと思われる。アンクと再会できる「明日」を目指し旅を続けてきた映司は,心なしかTV放送時より恰幅が良くなったように見えた。

  地割れに飲み込まれ命の危険にあった万丈の手を掴み,助け出した映司。自分を捨てなければ映司も地割れに飲み込まれると叫ぶ万丈の手をそれでも掴み続けたその姿には,仮面ライダーオーズ・火野映司というキャラクターのすべてが込められていると言っても過言ではない。

  敵の本拠地に辿り着いた映司・万丈・永夢の前に立ちふさがったのは,かつての敵・グリードの模造品。そしてその中には,かつて映司と肩を並べて戦ったアンクの姿もあった。(この時点でえもえもポイントMAXだった。)しかし,変身できない映司の首を締め上げる偽アンクに割れたタカのコアメダルが反応し,アンク(三浦涼介さん)が復活。映司の「今日のことだったんだな,お前のいる明日って。」という台詞が最高すぎてボロボロ泣いてしまった。

  偽ウヴァさん・カザリから抜き取ったメダルで”あの3枚”を揃えた後,アンクのあの台詞「今日の分のアイスよこせ。」が本当にエモ&エモofエモでまた泣いた。そして約束された勝利のタトバコンボ。終盤のタジャドル(アンクボイス)。すべての戦闘シーンが宝石のように輝いていた。僕が7年間汚く生き延びていたのはこの瞬間のためだったのだと心から思えた。

  そして最後のアンクと映司の別れ。しかし我々は知っている。映司とアンクが再び共に生きる「明日」があるのだということを。その物語が紡がれる日まで,生きていたいと思う。

 

  熱いシーンはオーズだけではない。エグゼイドのライダーたちのちょーかっこいい変身ポーズからのゲームセレクトポーズ(個人的にレーザーの変身ポーズが一番好き)がかっこよすぎて鳥肌が立った。鎧武やフォーゼ,ゴーストの懐かしい変身ポーズやアクションは,観ていた頃の楽しかった記憶を鮮やかに蘇らせた。

  あと,エンディングの主題歌メドレーが刺さりまくってつらかった。

 

  文章に残したい事柄はまだまだあったはずだが,視聴後一週間の記憶ではこのあたりが限度だと思う。BDが発売された暁にはぜひ購入を前向きに検討したい。

  松田るかさんがちょーかわいくて安心したので,Vシネマ仮面ライダーポッピーも機会があれば観たい。

 

  このとんでもないエモの塊である映画をかつて共に仮面ライダーの感想を語り合った友人と観られたことはこの上ない幸福だった。

 

また思い出したことがあれば適宜加筆したい。

 

12/28~12/31 日記

年末忙しくて(いいわけ)年明けだけど書く。

 

12月28日(木)

  仕事納めの日だった。特筆すべき事はなかった気がする。とにかく早く終われという一心だった。早めに就寝。

 

12月29日(金)

  4時半起き。同期の方のご厚意で駅まで送っていただいた。しかし年末はダイヤが休日扱いであることに気づき地元行きのバスを逃す大失敗をしてしまった。猛省。

 

  到着後友人2人と合流し,劇場版仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALを鑑賞。エモの塊。後悔したくないからその手を伸ばす。お前がいる明日で,また。

 

  夜まで飯食ったり卓球したりで久しぶりに楽しい時間だった。あと何回できるのかわからないけど,来年もまたこうして遊べたらいいね。

 

12月30日(土)

  朝から両親の家に移動。いろいろ喋ったり。父親が腹を下して救急外来に行ったりしたらしく驚いた。

  夜は知り合って20年近くになる親友(男)と飲みに行った。離れていた時間は長かったが,いくらかそれを埋められたと思う。くだらない話とか生活の話とか昔の友人の話とか。

  帰宅後,翌日は祖母宅へ出向なので早めに就寝。

 

 

12月31日(日)

  早朝,家族で祖母宅へ。祖母の弱音が目に見えて多くなったり話が噛み合わない回数が多くなったりして悲しくなる。

  夜はガキ使を観たりFGO周回したり。日付が変わってから満足にプレイできなくなったので就寝。

 

 

  普通の家だったら親戚がたくさん集まってわいわいしたりするんだろうなーと思う。

  でも祖母2人がもし死んでしまったらもううちの家族は4人しかいなくなってしまうわけでそれはそれで寂しい。

  地元に帰るとやっぱり是が非でも地元に引っ越したくなるんだけど,今の自分にはそれをやるだけの資金も転職とかするだけのスキルもないし何より帰る理由に乏しいのが考えるたび辛くなる。思い出したくない記憶も多い。それでも楽しかった思い出がたくさんある場所だから,なんとか近づきたいなーとは思う。あとPSVRのマシュがちょーえっちだった。

 

2017年はこれでおしまい。

12/25~12/27 日記

  生業にしたいというほどではないけど,小さい頃から文章を読んで他人の感情や価値観に触れるのが好きだった。また文章で自分の頭の中を表現するのも好きだった。そのおかげで,たとえ話し相手がいなくてもこうして自分の考えをアウトプットすることで頭の中を整理することができるのはいいことだと思う。

 

12月25日(月)

  前夜でクリスマスが嫌いになったのでなるべく普段の平日と同じように思考し行動するように努めた。

  業務はあまりできることがなく,定時に退勤。FGOのイベントの最後の追い込みをかけたり某年上女性(好み)とSNSで会話するなどした。特に後者のおかげで元気がかなり出たのはとても良かった。現金なので女性と会話すると元気になる。

  日付が変わるまで粘ったあと力尽きて寝た。

 

12月26日(火)

  エガオノキミヘで起床。出勤したらかなり雪が積もっており帰宅後の車の雪下ろしと買い物が憂鬱になった。

  業務はやれることがあまりなかった。あと,結構よろしくないミス(連絡漏れ)をやらかしてしまい,かなりへこんだ。

  とはいえ,切り替えつつ他のこともできたので少しは成長できたのではないかと自分を褒めたい。

  帰宅後いろいろやらなければならないことをやったりFGOラジオを聴いたりしていたら23時になっててたまげた。

  大学生の後半の起きているのすら辛くて毎時間毎時間死ぬことしか考えられなかった時期よりはずっと健康的でマシな生活をしていると思う。時々寂しくもあるけど家族と同居したり恋人がいたりした場合の心労を考えると今のままでいいと心から思う。

  人間以外の哺乳類と生活したい。

 

12月27日(水)

  エガオノキミヘで起床。昨夜から降り続いた雪が積もっていい感じに冬の景色になってきた。

  職場の大掃除があった。男子ロッカーを1人で担当することになり,1人の力の限界を感じた。けどまあ,課の人たちと談笑したりもできたのでそれなりに楽しい時間だった。今年の仕事も残すところあと1日なので気合を入れていきたい。

 

  帰宅後,また(?)母と口論(文論?)になった。こっちが悪いところもあるし,あちらも頭の固すぎるところがあると思う。僕は多分こういうふうに肉親と喧嘩したくないので一緒に暮らしたくないのだと思う。あまりにも価値観が家族と合わないし行動原理が刹那的すぎるので。

  就職してからもやはり人との合わなさを強く感じる。(大学時代からもずっとあったが。)僕は基本的に人を叩く(物理的に)のが嫌いなのだが,飲み会とかで相手がボケた時(そのボケ自体自分にはよく理解できないのだが)に相手を叩かないとなぜか注意される。コミュニケーションとしてのツッコミが欲しいのはわかるのだが,そんなことをしなくても会話は成立するしよくわからない。さらには自分が叩かれたりするので更に困惑する。下手をするとまた暴れたりしそうなので自制しなければならず,そうすると酔いが醒めて真顔になってくるのでそれもまたつらい。めんどい。人間が嫌い。

  自分は他人と価値観があまり合わないし地元というものが薄いのでどこに行っても異物感というか疎外感を感じさせられる。もはや生まれてからずっとなので慣れたには慣れたが辛いものがある。なので一所に定住せずずっと根無し草で生きているのが楽なのかもしれない。

 

精神的に辛い時だけ仲のいい他人と会話したくなるけどそういう虫のいいことはするべきではないのでやめておく。お腹も痛いし眠いので寝る。

12/23~12/24 日記

  1日2回日記をつけるのは大変なので,来年の目標は「2日に1回日記を書く」にしたい。

 

12月23日(土)

  8時頃起床するも布団の中でうだうだしていた。しかし佐川と日本郵便に叩き起こされ活動開始。プロバイダに注文していたレンタルの無線ルーターが届いたので午前中はセットアップに徹した。最終的に下り100Mbps(うちのアパートで出せる最高速度),上り30Mbps(なんで上りと下りに差が出ているのかはよくわからない)になり,快適なインターネット環境を構築できた。すごい。

  午後はジャスコ(イオンと呼ぶのが恥ずかしくてジャスコって呼んじゃう)に行き,木曜に届いたwena wristのバンドを調整してもらった。1,080円かかったが,自分でやるには道具も技術もないのでしかたないと割り切った。その後祖母2人と両親へのお土産と昼飯のビッグマックを買い帰宅。人が多くてなかなか駐車場から車を出せなくてまたイライラしてしまった。

  夕方はイベントの周回をしたりして過ごした。夜は例によってアニメを視聴。

  「結城友奈は勇者である−勇者の章−」最新話「清廉な心」を視聴。肉体と精神の疲弊,仲間をまた傷つけてしまうかもしれないという恐怖から己を犠牲に世界を救おうとする友奈。お前,本当にそれでいいのかよ!と思いつつも見守ることしかできない僕。僕にもっと力があれば…

 

  あと,Kindleで「乃木若葉は勇者である  上」と「楠芽吹は勇者である」を購入。(漢字が合ってるか不安。)年末年始に読破したい。あとSAOの20巻も購入したが呼んでも全く話が繋がらず,まさかと思って調べると19巻を呼んでいないことに気づくのは翌日のおはなし。どんとはれ。

 

 

12月24日(日)

  青森に行く夢をみた。雪しかなかった。悲しい夢だった。

  母親から送られた荷物を持ってきたヤマトのお兄さんにまた叩き起こされてしまった。やだイケメン…

  起床後,「仮面ライダービルド」を視聴。戦兔の正体がついに明らかになりどうなっちゃうの?!という感じで前回は終わったが,最後に彼の心を再び奮い立たせたのは相棒であるバンジョーの言葉だった。こいつらもうほんと好き。

  昼になる前にYシャツをクリーニングに出し,イベント用ブログの更新と先週までの日記をつけるためにスターバックスコーヒーに篭っていた。スタバでドヤ顔でMacBookProを取り出し作業する気持ち悪いおたくの姿はさぞ見苦しかったに違いない。目の前の席のカップルも苦笑いだった。あとドヤ顔でタブレット操作したりもした。

  作業完了後帰宅し,溜まっていた牛乳パックと段ボール箱を解体して縛った。その後クリスマスなのでスーパーでケーキと寿司と肉を買ってきた。最高のクリスマス。その後キズナアイの生放送とペルソナ5の生放送を2つの端末で展開してガハハwしていたらMoto KanoのIma Kareとの写真が流れてきて一気に胃液が逆流したのでやはりクリスマスは悪い文明。はやく僕の人生を終わりにしてほしい。

 

  2017年はいろんなものを取りこぼしてわりと自暴自棄になりながら苦しんできた一年だったので,来年は少しは安心できる年になってほしい。あと5年は他人と自分の違いとか分かり合えなさとか人間の解せなさとかでたっぷり苦しみそうではあるが。それでも好意的な態度を取ってくれる人との関わりは大切にして損はないだろうし,前から変わらずに仲良くしてくれる友人のことは今まで以上に大切にしたい。

  とりあえず新春の福袋でジャンヌオルタ狙いかメルトリリス狙いかという壮絶な二択を迫られているのでなんとか決断したい。

12/18~12/22 日記

日記を書く間隔がどんどん延びてきていて危機感がある。がんばって僕。

今週はタブレット買ったり時計届いたりたくさんお金を使った。

 

12月18日(月)

  エガオノキミヘで起床。

  本格的な寒さで灯油ストーブの戦力不足を感じる。朝一に配布石で10連回したらアナ(ランサーのあの子)が出たので少し嬉しい気分になった。

  業務はそんなになかったが眠気やらなんやらであまり機嫌が良くなかった。

  同じ職場の別業種(専門職っぽいの)との交流会を出ないと言ったら「えー?!」みたいな反応を別担当の方からされて少しイラッときた。(僕の担当は業務上の関わりがほとんどないので出席の必要性を感じなかったし課の全員が出ていたわけでも決してない)

  帰宅後,車で買い物に行き,駐車場のマナーの悪いドライバーに更にイライラさせられた。イライラしない人になりたい。

  寝る前に購入したいタブレットの機種を選定した。こういうの悩んでるときが一番楽しい。

 

12月19日(火)

  朝一でHauweiの8インチタブレットその他付属品諸々を注文。楽しみを自発的に増やしていくスタンス。

 

  仕事は,そろそろ締切が迫った書類が増えてきて見るのが大変だった,というだけ。

  退勤後,職場のお菓子類の買い出しと自分用の買い物に行き,いつもの倍の時間がかかった。またイライラしちゃったし運転するときは本当に気をつけたい。

  帰宅後,イベントのミーティングやらなんやらで寝るのがいつもより遅くなってしまった。周回もほとんどできず。イベ期間もうちょっとあってもいいのよ。

 

12月20日(水)

  起床に失敗しかけた。二度寝していたところ何か大きな音で起こされた気がする。加護を感じた。弁当もちゃんと詰めることができた。いよいよ時計のお届け日が翌日に迫っていたが,文字盤は発送通知が来たのに対しバンドのほうが音沙汰無しですこし焦った。(wena wrist というスマートウォッチなのだが,文字盤とバンドの欲しいやつがそれぞれ別売だったのと文字盤がヨドバシ・ドット・コムで品切れで尼で注文したので別々の配送になってしまったのだった。ステマとしてリンクを貼る。)

wena.jp

 

  仕事は昨日までと同じ感じだった。焦り。あと家に財布を忘れた。

  タブレットが19時配達だったので早めに退勤しクリーニング屋にYシャツを出しダッシュで帰宅。19時2分前に配達に来るという早漏だったがなんとか受け取れた。(早く来すぎでは?)

 

  買ったのは Huawei MediaPad T2 8 Pro という15kくらいの(タブレットとしては)比較的安めのやつ。LTEも使える方と悩んだが,結局外出先でタブレット使っててLTEが必要な場面が思いつかない(大抵はテザリングでなんとかなる)のでWiFiのみモデル。まず最初に画面が大きくて見やすくてびっくりした。あとAndroidの6.0以降を触るのが初めてだったので,前に使ってたXperiZよりも断然使いやすくなっていて驚いた。

  一方で,かなりメーカー側でUIをかなり変更しているのとユーザー側のいじれる設定を制限していることもあり,自分で使いやすいようにカスタムするのが難しく感じた。

  ひとまずKindleとかAmazonビデオとかNetflixとか色々入れたりしてそれなりに動かせたので満足。楽しくて時間を忘れていたら23時を回っていた。

  寝る前に呼符で回したらオケアヌスのキャスターがきてびっくりした。茜屋日海夏さん…好きだ…

 

12月21日(木)

  起床に成功。「時計が来るぞーーーー!!!」と自分を鼓舞し仕事へ。

  仕事中いきなり鼻血が流れてきて(そういう体質なのでエッチなことを考えていたとかそういうものではない。)しかも結構出血量が多くてつらさを背負った。

  小さい頃は夜中にいきなり鼻血がでて止まらなくなって眠れなかったりしたこともあったが,耳鼻科に通いまくってたら収まった。大学のころはほとんどなかったのだが,こちらに引っ越してきてからは山の近くで花粉やらのアレルギー物質が多いせいか出血の頻度が増してきた。耳鼻科にまた通うべきだろうか。

  退勤後,アマゾン兄貴から発送遅延のお知らせが来て絶望。失意の中帰宅すると時間通りに届いたので一安心。

 

  届いた時計はサイズがかなりぶかぶかでごつくて重かったが,それでも自分のお金で初めて買った腕時計であることもあり大満足。携帯と接続して電子決済したり通知を受け取ったりできるんだ。すごい。大事にしたい。

 

12月22日(金)

  新しい時計をつけて出勤。楽しい。通知のバイブをオフにできないことだけが難点だが,それ以外はとてもいいと思う。ちなみにLINEの電話がかかってきても通常の電話番号発信の電話と同様に通知してくれることを発見して更に好きになった。

  仕事はやはり締切が近いものが多くて忙しい。来週が怖い。

  退勤後,同期と同じ部局の先輩と4人で飲みに行った。ノリについていけなくて少し辛かったが基本的には皆優しくしてくれるので楽しかった。久しぶりにたくさん飲んでお腹が苦しくなった。

  明日から休みだ!という達成感とともに帰宅,坂本真綾さんに癒やされながら就寝。