歩く幽霊

脳がそろそろバカになってきたのでアウトプットして残したい

そして一ヶ月が過ぎた

「2018年は2日に1回は日記を書きたい」とか抜かしてたのはどこの誰なのか。

 

  3月に入り,年度末の忙しさが本格化してきたことで残業を余儀なくされていた。(それでも他の企業よりはずっと少ないが。)

  あまり人に言えないがかなり面倒な案件も出てきて薄ら寒い思いもしてしまったし,やはり年度末は大変なのだと思い知らされた。(できれば年度末に判明してほしくない案件だった。)

  3月第二週の土曜,隣の隣の市に大学時代の友人が遊びに来ていたので,散策しがてらそばを食べたりワイン工房を見に行ったりおしゃれな喫茶店を見つけたりしてなかなか充実した1日を過ごすことができた。さらに親友のSの誕生日プレゼントも無事選ぶことができ,精神的にかなり上向きになった。

  その夜,2018年冬に放送を開始した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の第2話〜第8話までをワインを飲みながら視聴。それまで第1話だけを観てそのままにしていたので,周りの人が騒ぐほどおもしろいのか少し懐疑的だった。しかし第4話あたりでまさかの嗚咽を漏らして泣いてしまい,自分でもかなりびっくりした。(酒のせいもあったのだと思うが,僕は基本的に『泣けるとされるアニメ』でもピークにあたる回や最終回でしか泣かない。)

  その勢いのまま最新話だった第8話まで駆け抜けた。Twitterで随時実況していたのだが,台詞のひとつひとつが繊細で美しく,1話1話が詩篇のように感じられた。特に第7話と第8話では涙が止まらなかった。(正直初めての恋人と別れたときもこんなには泣かなかった)

  散々泣いたことで精神がリセットされ,清々しい気持ちになれたことも大きい。安野希世乃さんも「涙。」で歌っているけど,泣くことってやっぱり大事で「明日笑えるために」必要なことなんだと改めて思った。日記を書いてる時点では第9話まで放送されているが,最新話でも号泣してしまった。今後どのように展開していくのか,とても楽しみな作品だ。

 

  3月第三週の土日は正月ぶりに両親の家に行った。なんとなくこの週しか親に顔を見せるタイミングがないなあと思い,ほぼ思い立ったような形で移動した。僕はよく地元の友人以外からは「全然訛ってないね」など言われるが,家族に久しぶりに会うと当たり前のように訛りが出てくるのは自分でも面白く感じた。普段はほぼ敬語なのでなるべく訛りを出さないようにしているというのもあるが。

  父はますます年齢を感じさせるような表情を見せ始めてやるせない気分になった。会話は相変わらずで少し安心はしたが,父と話せる時間もあまり多くはないのだろう。

  母はそんなに変わっていなかったが,やはり隣人との関係の悪さによる物音への過剰な反応は変わっていなかった。隣人に殴り込みをかけたい気持ちをこらえるのが少し難しくなってきた。

  弟はあいかわらずでかい割に中身はほとんど成長していないので心配になった。大丈夫か高校二年生。僕はきちんとやりたいことを見つけずになあなあで進路を選んでとても後悔したので,弟にはきちんと自分のやりたいことと向き合って考えてほしいと思うが,結局のところ自分で気づかないと本気にはなれないと思うので難しい。

 

   昔の黒歴史ブログでも書いたことで社会に出てから更に思うことなのだが,自分の完全上位互換が溢れている世界で「今自分がやっていることを自分がやる理由」を見つけられず苦しい思いをする日がある。自分にできることなんて結局のところ他人も全てできてしまうわけだし,仮に自分が今死んだとしてもすぐに交代要員が来て全く同じ仕事をこなし,組織は外形的にはなにも変わらずに稼働する。自分の代替存在なんて掃いて捨てるほどいて,「自分でなくてはいけない理由」などこじつけでもないという現実を考えさせられる。よく「自分が死んでも世界は何事もなかったかのように進んでいく」という言葉を見るが,それをやっと実感して本当にこわくなってくる。人間は自身の存在の無価値さ無意味さを自覚しては生きていけない生き物なんだと思い知る。その完全上位互換との折り合いをつけるために人間は自分だけが関わる他人と固有の関係を構築したり,特に親しい他人と結婚とかそれに類する制度を用いて家族になったりするわけで,逆にそれがないと人間は不安でしょうがないんだろうなあと考えてしまった。

  結婚とかが悪いとは言わないけど,それに至るまでの過程とそれにより受けるメリットとデメリットを考えると今の自分には恩恵が少ないし,そもそも他人とそこまでの関係を構築すること自体の難易度が高すぎて挫折するしで無理だと考えている。ために寝起きとか感情の起伏が激しい日などにそういうことができる人間が羨ましくなったりするけど。

 

 

  ひとまず今月はアルコールと「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」と先週買った「星のカービィ スターアライズ」を糧に生きていこうと思う。

2/20〜2/25 はしょり日記

2/20〜2/23の記憶がほとんどないのではしょる。

3月が近づいてきてじわじわと忙しくなってきた。孤独に耐え,仕事に打ち込む日々。

 

2月24日(土)

  ワイシャツをクリーニングに出したりミスドに行ってドーナツを食べたりと割りと普通の休日だった。最近休日になにもできず夜になっていることが多かったので,大きな進歩。また,AmazonKindleストアでセールをやっていた「ムダヅモ無き改革」を16巻まで読了。かじった程度の麻雀の知識でも十分楽しめるトンデモ漫画だったので買ってよかった。

 

2月25日(日)

  午後から仕事だった。午前中DJ機材をいじるなどしたが全くイメージとかインスピレーション的なものが湧かず途方に暮れた。

  午後の仕事はかなり暇で,気温が低い中ずっと座って番をしているというものだった。結局2時間ほどぼーっとしていた。

  退勤後,近所のラーメン屋で油そばを食べた。気になっていたメニューだったが思っていたより微妙な味でちょっと萎えた。イエローか二郎が食いたい。

2/16〜2/19 日記

2月16日(金)

  友人が遊びに来る日なので,いつもより気合を入れて仕事をした。が,そういうときに限って空回りする。自分の知識不足とコミュニケーション能力不足でいろいろとモヤモヤ案件ができてしまった。もうちっと会計とかいろいろ勉強していかなきゃなーと思う。

  退勤後,友人と合流。こちらに誰かが泊りがけで遊びに来てくれるのは初めてなのでとても嬉しい。夕食にお好み焼きを食べ,酒を飲み,内田真礼さんのライブ映像を観た。とても楽しい夜で一気に酔いも回っていろいろ思ってることを話してしまったり。

  互いの近況とかとりとめのないこととかアニメの話とか声優の話とか。前まで現実で当たり前にできていた会話ができなくなっていたので色々発散された。

 

 

2月17日(土)

  早めに起きて友人と朝食を摂り,その後隣の市の温泉に行った。行こうと思っていた温泉がその日に限って日帰り入浴できない日だったため,近所の別の温泉に行った。大浴場に入ろうとしたら受付のお姉さんに「今電球を取り替えてるから入れないので5階の露天風呂へどうぞ」といわれ露天に行ったが極寒。寒すぎてサムになったが気合で温泉に入った。鍛えられた。その後ちゃんと大浴場にも入った。

  温泉の後は物産館に行き。お酒を買ったり抹茶ジェラートを食べたり。その後は市内に戻りわりと人気のラーメン屋のラーメンを食べた。ラーメン大好き。

  その後駅前まで友人を送って別れた。しばらくロスになりそうだけど,俺もがんばっていくから。がんばろう。

  夜は通話をしたが,現在話題沸騰中のゲーム「DokiDoki Literature Club!」を実況プレイした。21時から27時までプレイしたが,なかなか画期的で,猟奇的なゲームだった。もう一度君に逢うためにーーーーーー。

 

 

2月18日(日)

   昨日まで楽しかった反動で昼過ぎまで寝ていて全く外に出たりできなかった。夜までだらだらしてやっとその日の用事を足すことができた。なんかつらくて日曜夜は飲まないと決めてたのに酒を飲んでしまった。悲しい。

 

2月19日(月)

  新しい一週間。仕事はわりとやることが多くて気がついたら定時を過ぎていた。あと去年末から連絡を取ろうとして取れなかった某人(機材やら借りていて返さねばならなかった。)とやっと連絡が取れて少しほっとした。普通3ヶ月も連絡スルーしないと思うけどね。

  今週から仮面ライダークウガを観返しはじめた。ほんとうの意味で自分の原点となったヒーローで,僕がいくつになっても色褪せない作品。1話1話噛み締めていきたい。グロンギ語対訳(放送当時は当然だが知る由もなかった。)も併せて見ているが,またグロンギの動きが違った面を見せるようになりとても興味深い。1日2話ずつ,誰かの笑顔のために戦う男の姿を目に焼き付ける。

2/6〜2/15 はしょり日記

   またたくさんサボってしまった…

 

2月6日(火)〜2月9日(金)

   この期間ずっと鬱々としていて,ほぼ職場と家とスーパーを往復する生活だった。皆モンハンを買ってそっちのコミュニティで遊ぶようになり,蚊帳の外になったというのもある。ずっとポケモンウルトラムーンを進めたりしていた。

 

2月10日(土)〜2月12日(月)

   土曜は鬱病患者のような時間の使い方をしてしまい,日が落ちるまで幼児もなにもほとんどできなかった。

   日曜はイベントに行った。今年初めてでかなり久しぶりの現場だったこともあり事前の鬱さ加減とは裏腹にかなり楽しめて元気が出た。

   月曜は早朝に帰宅後半日寝て,髪を切ったり買い物をしたりそこそこ活動的な休日だった。

 

2月13日(火)〜2月15日(木)

   バレンタイン?知らない子ですね。

   FGOイベントの外にもバレンタインがあることに気づいてしまったが,我が職場はまったくそんな様子はなく,バレンタインに神経をすり減らす女子社員が(少なくとも表立っては)いないことに安堵した。(何様かという話ではある。)結果,中学以降は少なくとも女性の友人が1人以上はいたため実質小学生以来の全くチョコレートがもらえないバレンタインとなったわけだが,まあ,仕方のない話で。(というか小学校時代は母からもらっていたりしたので完全な0は初めてかもしれない。)

   退勤後ちょっと言えないようなミスをやらかしてしまい,かなり落ち込む。自分のダメさ加減に苦しんだ。

   翌日はなんだか1日がすごく長く感じた。徐々に近づいてくる年度末と面倒案件に溺れそうになってくる。無事に2年目を迎えられるのか。勝負。

   明日金曜日は,今住んでいるところに移住してから初めて地元の友人が外から遊びにくる。正直ものすごく嬉しくてここ1週間これだけを楽しみにしてきたところはある。楽しい週末になりそうで,とても嬉しい。

   また,坂本真綾さんの新曲「CLEAR」を少し遅れたが購入。メロディや歌詞が自分に刺さりすぎて,聴くたびにに涙が滲むとんでもない曲だった。

   よく「自由の象徴」としてうたわれる「鳥」や「風」は,本当に自由なのか。翼がないとしても,行きたいところへは走っていける。それだけのことをなぜ忘れてしまうのか。翼がないから不自由なのではなくて,翼がないから不自由だという価値観に縛られているのだということを気づかせてくれる。

   坂本真綾さんに,また命を救われてしまった。

2/5日記

2月5日(月)

 

   弟が親に内緒で彼女とデートするため車を出してやるもなぜかブレーキがきかず事故りかける夢を見た。完全に弟が昔の僕だった。

    起きたらなんとなく体がだるかったので熱を測ったが平熱−0.5℃だったので普通に出勤した。

   昨日うんともすんとも言わなくなったスマートウォッチは結局一晩たっても直らず,仕方ないのでそれをそのままつけていった。

   仕事中,「自分は何のためにここにいるのか,自分はなんのために生きているのか,じぶんはこれからどうしなければならないのか」をひたすら自問する声が聞こえてきて考えれば考えるほど意識が迷走していた。そして気がついたら昼になっていた。そして気がついたら定時になっていた。わりと色々とミスを重ねてしまって,本当に自分が嫌になった。

 

   帰宅後やらなきゃいけないことを頑張ってやったつもりだったがやはりミスをして辛くなった。辛くなったので「イリヤの空、UFOの夏」最後の2話を観た。険しかった。苦しいけど心に夏の終わりを告げるような秋風が吹いていた。あの頃,ギャルゲーのルートをクリアしたあとのような気持ちだった。

   願わくば,もう一度あの頃に戻ってCLANNADとかΦなるあぷろ〜ち2をやりたい。もう一度彼女たちと恋をしたい。僕の本当の恋はきっと,あそこに。

 

  眠ったらもう二度と目覚めなかったらいいのにな。

かなりサボってしまった話

  鬱なのでとか体調が悪いのでとか(病院で検査してもらったがインフルではなかった)言い訳をして日記を全くつけなかったのでここで色々書き散らかしてリセットすることにする。新年早々だめなやつだよ俺は。

 

1/20〜1/26の週

 

   のらりくらり色々してた気がする。土日は例によって引きこもってオーズ観たりアニメ観たり友達と通話したり。平日は鬱感が強くなってきた。あと木曜の夕方から頭痛と熱っぽさがひどかった。

 

1/27〜2/2の週

 

  27日にさすがにインフルエンザだとまずいと思い近所の耳鼻科に行った。予約して病院行って問診票書いたら即隔離されちゃったのでかなり焦った。診察時も医者は間違いなくインフルだと思うなど宣っていたが,検査の結果インフルエンザの反応はなかった。ひとまずは安心したが,診察だけで3700円もかかってしまい少し苦しかった。その後は薬を飲みつつ安静にし,火曜頃には完全回復。ただ,関節痛も結構あったのでかなりインフルの疑いが自分の中で強かった。一応この週はずっとマスクして仕事していたが。

   2/2〜2/3はとにかく鬱々とした気分がひどかった。金曜土曜と強めの酒を煽りながら友人と通話することでなんとか気を紛らわせていた。日曜の日中は本当に起き上がれずなにもできずなんとなく泣きたくて「イリヤの空、UFOの夏」を観始めた。苦しかった。まだ3話までしか観てないけど。いわゆるセカイ系の代表作のような作品だが,なんというかギャルゲーのような雰囲気で懐かしくなった。主人公は浪川大輔さんでヒロインが野中藍さんと俺得でしかないキャスティングも良い。永遠の夏に囚われたいときに気まぐれに観ていきたいと思う。

  夜になってやっと回復してきて,最低限やらなければならないことはできた。この気分の浮き沈みをどうしたらいいのかわからなくてつらい。

  ネットを放浪していて「涙をながすのは精神衛生上とても良い」という記述を見つけたので泣きたいのだが,いざ泣ける作品とかを観ると理性が邪魔して涙を流せない。せいぜい目がうるうるするくらい。前はもう少し泣けてたのになんでだろうなあと自分に落胆する。頑張って泣こうとするけど泣くって言う行為は頑張ってやるとかいうものではないしなーと悩んでまた憂鬱になる。他人がどうやって精神衛生を管理しているのか気になる。

  あとバレンタインってソシャゲの中の話じゃないことに気づいてしまって愕然とした。もともとそんなに縁のあるイベントじゃなかったけど最近は本当に縁遠くなってしまった。思うのは職場でこういうことを意識しなくていいといいなあということだけ。

 

 

1/13〜1/19 日記

  精神的に憂鬱すぎて放送大学の勉強と読書とアニメ以外まともに何もできなかった。僕はどうすればいいのかどう生きればいいのか何を糧にしていけばいいのか。

 

1月13日(土)

  前日遅くまで1人で飲酒していたため遅起き。やることはたくさんあったはずなのにご飯食べたり録画したアニメとか観ていたら午後になりかけていた。

   ワイシャツをクリーニングに出したり買い物をしたら午後も終わり。翌日は出勤日だったので早めに寝た。無気力。

 

1月14日(日)

  世間はセンター試験だったので自分がセンター試験を受けたの時の記憶を思い返していた。あのあたりはまだ絶望していなかった。自分が知るべきだったのは絶望ではなく己の能力の正当評価だったと思う。何も理解していないがゆえに中身のないご立派な目標を掲げてはいたが,からっぽの人間にそれを叶える資格も能力も端からないのであった。

   今日のお仕事の内容はひみつ。(オープンなインターネットに書けない)

   終了後,同期のKさんと昼食に行った。同じ日に仕事が入っていた女性同期にも連絡したらしいのだが,スルーされたらしい。悲しい。

   職場近くのイタリアンなお店でやたら量の多いカレーを食べて満腹になった。その後Kさんを駅前に送り届けて帰宅。帰宅後ちょっとおねむになったあと久しぶりに大学の後輩とおはなしもした。

  明日は代休だ!ということで少しテンション高めに床についた。

 

1月15日(月)

  せっかくのお休みだというのに一日中FGOのイベントを周回しながらアニメを観ていた。たのしい。「中二病でも恋がしたい! 戀」も観終わった。「二期は蛇足」論が大半を占めているが,七宮というキャラクターがあまりにも僕の実体験というか思い出に刺さりすぎているキャラクターなので観ていて苦しくも楽しく感情移入できたと思う。

  時間を無為に浪費した気がするが,こういう日も自分にとっては必要なのだろうと思う。ちょっと放送大学のテキストも読んだりしたし。

 

1月16日(火)

  少し憂鬱になりながら出勤。こういうとき,坂本真綾さんの「雨が降る」という曲がとても胸に刺さる。

  仕事は若干多く,1時間半ほど残業をして退勤。

  家に帰ってからは無気力で,夕食シャワー皿洗い放送大学受講を済ませたあとすこし弟から借りた「ノーゲーム ・ ノーライフ」を読み,就寝。またこの日から睡眠をトラッキングするアラームアプリを使い始めた。

 

1月17日(水)

  特に昨日と代わり映えはせず1日が始まって終わった。新しいアラームアプリのおかげで目覚めはなかなかよかったが。夜にイベントのミーティングがちょっとあったくらい。発言が苦手すぎて的外れなことしか言えない。生きてる意味あるのか,俺。

 

1月18日(木)

  憂鬱な気分が抜けない木曜日。職場のレクリエーションで初釜(お茶会なのだが,職員が入れ代わり立ち代わり来ては茶と茶菓子を楽しんで帰るという日本茶バーと化していた。)があり,和服の美人看護師さんがいてたまげた。たまげただけ。

  帰宅後は前日までと同じく家事をやって放送大学の勉強をしてラノベを読んで就寝。早く寝るとすこしだけ安心できる。

 

1月19日(金)

  仕事と気力で戦った。退勤後,酒の缶を3本(いつもは1日に飲む量は2本までと決めていたのでちょっと多め)とツマミを買って帰宅。食べて酒を飲んでほわんほわんになってなんとか寝付く。不安から飲酒をするのは良くない傾向だけど,週末くらいは許してほしい。

 

  最近孤独感が強まってきているが,今の自分が抱えている問題は家族に相談できない類のものだし,たまにしか話せない友人と話すときは暗くなる愚痴はあまり言いたくない。ひとりでいるのが楽で好きなのに,気がつくとかまってくれる他人を求めている。もはや悪質な病気なのでなんとかなってほしい。ロボットになりたい。「中二病でも恋がしたい!」を観ると心が苦しい。もう自分にはあんなふうに恋はできないので。

  本当は土日の分も書きたかったけど寝たいのでここでおわり。別に誰に読ませると決めているでもなし別にいいのだけれど。